2014年6月アーカイブ

倉敷スイートホスピタルが、『糖尿病学会教育関連施設』に認定されました。
病院のご案内の「指定医療機関」からもご確認いただけます。

教育関連施設認定基準は以下のとおりです。
1~7の基準をすべて満たす必要があります。

  1. 常勤の研修指導医がいること
  2. 糖尿病の専門外来があること
  3. 食事指導が常時行われていること
  4. 糖尿病患者教育が行われていること
  5. 研修カリキュラムに基づく糖尿病学の研修が可能であること
  6. 診療記録管理室があること
  7. 日本糖尿病学会が認定した認定教育施設と連携をもつこと。

糖尿病患者さまに、より充実した医療が提供出来るようスタッフ一同、日々研鑽いたします。

 

お問い合せ先:倉敷スイートホスピタル TEL(086)463-7111

倉敷スイートタウン ホームページ: http://sweet-town.jp/
倉敷スイートホスピタル ホームページ: http://sweet-town.jp/hospital/index.html

平成26年5月22日(木)に「第3回わが街健康プロジェクト。」が開催され、222名の方が参加されました。

講演は2つあり、1つ目は「認知症の理解と予防」と題して倉敷平成病院 認知症疾患医療センター センター長 涌谷 陽介 先生が講演され、2つ目は「地域包括ケアってなに?-住みなれた地域で暮らし続けるために-」と題して当法人 理事長・江澤和彦が講演しました。

今回は、講演会へ3回参加された74名のサポーターの皆さんがブロンズサポーターと認定されました。

今後もサポーターの皆さんのステップアップ、プロジェクトのさらなる発展に当院も貢献していきます。

 

photo1.jpgphoto2.jpg

 


  
次回開催のご案内

 

2014年8月29日(金)午後

会場 倉敷市民会館 大会議室

(岡山県倉敷市本町17番1号 )

URL:http://www.kcpf.or.jp/hall/shimin/

MAP:http://goo.gl/maps/Hjikj

  

講演①

「 調子が悪いと感じたら -地域の医療機関は連携して役割分担をしています-」

 しげい病院 山西 あさみ 先生

 

講演②

「地域連携の中での重症外傷患者診療 -機能回復を目指して-」

倉敷中央病院 救急科 田村 暢一朗 先生

 

「わが街健康プロジェクト。」は、昨年11月より倉敷中央病院 地域医療連携室が主催となりスタートしたプロジェクトで、地域住民の皆さまを対象に、「共に考える地域医療」「心かよう地域医療」を目指し、健康維持や医療機関と上手に付合う等のテーマで開催しており、倉敷スイートホスピタルも共催病院として参加しています。

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2